« 海苔 | トップページ | ご当地ドリンク »

2011年12月 6日 (火)

今日のつぶやき

【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は5日、生命が存在する可能性がある地球に似た太陽系外惑星をケプラー宇宙望遠鏡で初めて確認したと発表した。
 この惑星は地球から600光年のケプラー22b。地球の2.4倍の大きさで、表面温度はセ氏22度と生命の存在に適し、液体の水が存在する可能性があるとしている。
 生命の存在には、太陽に相当する恒星と惑星との距離が、液体の水を維持できるよう適度に離れている「ハビタブルゾーン」にあることが必要とされる。NASAによると、ケプラー22bは理想的な位置にあるという。
 またNASAは、新たに1094個の惑星候補を発見。ケプラー宇宙望遠鏡でこれまでに発見された惑星候補は2326個となった。

このような記事のニュースを見つけました。

地球から600光年の距離にある惑星のようです。距離が遠すぎて全くわかりません。光年というのは、光の速さで600年かかるということでしょうか?

すごいですね。 

« 海苔 | トップページ | ご当地ドリンク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事