« 東海ブロック短水路 | トップページ | 日水連90周年 »

2014年10月13日 (月)

2014東海ブロック短水路大会

岐阜城

Dsc02140
稲葉山城は、建仁元年に二階堂行政によって築かれた。 その後、室町時代には川手城を居城とした美濃の守護土岐氏の筆頭家臣斎藤氏が居城した。

       天文8年、山城山崎の油売りから身を起こした斎藤道三が入城する。 道三は、天正10年には土岐頼芸を追放して、美濃一国を手に入れた。       弘治2年、道三は子の義龍と争い討ち死にしてしまう。

       その義龍も5年後の急死。 道三の孫龍興が城主となるが、永禄10年に織田信長によって滅ぼされ、信長が尾張小牧山から移り、岐阜と改称した。

       天正4年、安土城を築いた信長は、岐阜城を嫡男信忠に譲った。 天正10年の本能寺の変で信長・信忠が倒れた後、信長の3男信孝が入城する。

       天正11年に信孝は信長の跡目争いに敗れ自刃。 その後岐阜城には、池田之助・輝政・羽柴秀勝・織田秀信が城主となった。

       慶長5年の関ヶ原では、織田秀信は西軍に付き、東軍に攻められ開城。 秀信は高野山に蟄居した。

       関ヶ原後、徳川家康は岐阜城を廃城にして加納城を築かせた。 この時天守も加納城へと移築された。 

表彰式
Dsc02143

女子総合・・・名古屋SC161点、KL春日井116点、名鉄S新瀬戸97点

男子総合・・・岡崎竜城SC144点、名古屋SC139点、みなとSS94点

男女総合・・・名古屋SC300点、岡崎竜城SC234点、KL春日井186点

以上のような結果でした。

Dsc02144

男女総合優勝をした名古屋SCのみなさん。

« 東海ブロック短水路 | トップページ | 日水連90周年 »

大会レポート」カテゴリの記事